NPO法人
ユネスコ主催 
                 
シベニック世界子供の祭典
Sibenik International Children’s Festival since 1958
ご挨拶 / 世界子供の祭典について / クロアチアについて / 募集要項 / 英文説明  / クロアチアの自然
過去の参加団体 / NPO法人 / 法人会員  / 個人情報保護方針  / リンク  / メール / TOP
募集要項

応募希望の方、または活動に興味のある方はメールにてお問い合わせください

主 催 世界子供の祭典実行委員会
ユネスコ 「ASSITEJ」「UNIMA」
運 営
シベニック市
後 援 クロアチア放送局 (全国放送されます)
日本クロアチア友好協会
クロアチア共和国日本大使館
東葛まいにち新聞・ふれあい毎日「毎日新聞社」
日本派遣団
事務局
クロアチア共和国大使館から委託
「東葛毎日新聞社」
     千葉県柏市柏1−1−10広島建設柏駅前ビル5F
     シベニック世界子供の祭典事務局
      TEL 04(7168)7311 FAX 04(7168)7312
       TEL 04(7183)7060 Fax 04(7183)7060
       Email: npo-2312@guitar.ocn.ne.jp
《事務局長》 大谷 昭二  《事務局次長》 飯名 京美
参加演目
民族舞踊バレエ〔モダン・クラシック〕コーラス演劇演奏人形劇など
開催時期 毎年6月末から2週間
選 考 日本派遣団委員会の選考による
ビデオ、今までの参考になる資料(プログラム等)
選考時期 毎年12月
派遣団体 1〜2団体
費 用
航空運賃
NPO法人規定による
   参加者(出演者を含む) は、賛助会員として
          入会金 20,000円、
          年会費  2,000円/一口(一口以上)
   (団体正会員入会金50,000円 年会費10,000円)

《祭典主催者側負担》
   ホテル宿泊費、食事、主催者設定の日帰り観光旅行
   ※但し、国際電話、個人的なアルコール飲料は個人負担
祭典主旨
1958年ユネスコ機関「ASSITEJ」「UNIMA」の協力の基に創設された。

青少年の感性を世界各国から参加した団体の公演を通じて高め、磨きあい、友好・友情を深めることを目的とする。

今までに各国の有名な団体も数多く参加した。
ジェセフィン・ベーカー氏やピーター・ユスチノフ氏も参加し出演者と交流を深めた。

日本からも数多くの子供たちが参加し、参加者同士の文通がもとで、留学をした子供も多数いる。
日本事務局 1994年にクロアチア共和国大使館(アルスナルギッチ全権大使)から日本での運営の委託を受ける。
今までの参加国 アルゼンチン、アルゼリア、オーストラリア、オーストリア、ブラジル、カナダ、チリ、中国、キプロス、チェコスロバキア、エジプト、英国、フィンランド、フランス、ドイツ、ガーナ、ギリシャ、ハンガリー、インド、イラク、イスラエル、イタリア、韓国、メキシコ、オランダ、ノールウエイ、パレスチナ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スコットランド、セネガル、スペイン、北朝鮮、スウエーデン、ブルガリア、ソビエト、シリア、トルコ、アメリカ合衆国、ジンバブエマケドニア、スロベニア
派遣団に対して 参加証明書の発行
クロアチア国内放映ビデオの贈呈

 NPO法人 シベニック世界子供の祭典 日本事務局
 〒103−0001 東京都中央区日本橋小伝馬町14番5号 メローナ日本橋7F TEL 03(5847)8235 FAX 03(5847)8236
Copyright (C) Sibenik International Children’s Festival since 1958